Articles

中和新聞 速報版 │ 世界平和統一家庭連合ニュース » 地域ニュース » 「2015年度 全国成和学生会長団研修会」を開催

「2015年度 全国成和学生会長団研修会」を開催


 4月18~19日、神奈川県川崎市の宮崎台国際研修センターにおいて、「2015年度 全国成和学生会長団研修会」が行われ、全国から178人の「成和学生会長」が集い、研修を受けました。

 

 「成和学生会長団」とは、中高生の成和学生がつくる成和学生会のリーダーとして、1年間活動する会長・副会長達のことです。

 2015年度の『良心革命を起こそう! 成和学生』のスローガンのもと、成和学生会の方針と作り方やリーダーシップについて学び、全国から集まった学生会長団同士の交流やディスカッションが行われました。

 

成和学生会の方針

 まず、本部成和学生部の伊藤安昭部長が、成和学生会の方針と共に「5年後、2020年に青年学生圏を牽引することになる成和学生は、次世代の統一運動を担う準備された世代として、VISION 2020世代である」と激励しました。 

 成和学生会の方針として、①愛天・愛人・愛国、信仰生活を確立しよう! ②心情文化活動を活性化させよう! ③学習文化を形成しよう! ―― の3点が強調され、成和学生の心情文化の祭典として秋に行われる「中和文化祭」において、2020年まで「忠孝」を一貫したテーマとしていくことが発表されました。

 

先輩の体験談とアドバイス

 続いて、学生会長団の経験者でもある大学生2人が自分自身の体験談を披露。自身が学生会長団として歩んだ時の動機や経緯、歩みなどを親しみを込めて15分ずつ語りました。特に、副会長として歩んだ先輩の証は、成和学生会活動と勉強も一緒に頑張って勝利したという内容で、多くの学生が感化を受けていました。

 

リーダーシップ講座

 また、「Jr.STF-JAPANプログラム」の石原圭太郎ディレクターが、リーダーシップについて講義。「リーダーは偉い訳ではなく、誰よりも全体の為に生きる存在である」「学生会長団としての活動は全て自分の成長に繋がっている」と、学生会長団として1年間を歩んでいく上での心構えと行動規範などについて説明しました。会長、副会長それぞれの立場の違いと役割についても説明がなされ、学生たちは熱心に耳を傾けていました。

 

ディスカッション

 「成和学生礼拝の活性化」と「心情文化を発信する中和文化祭」という2つのテーマでのディスカッションでは、「成和学生礼拝の活性化」について、成長と絆と信仰のある成和学生礼拝をどのように実現していくかを学生の目線で話し合いました。「心情文化を発信する中和文化祭」については、これまで文鮮明師ご夫妻に忠孝の心情を捧げるという心情で行ってきたものから、忠孝精神と為に生きる文化をいかに発信する中和文化祭にしていくかを議論。その後、各自が1年間の目標を具体的に設定しました。 

 閉会式では、青年学生局長でもある田中富広・日本統一教会副会長が、「良心革命の発信源となれ」という激励のメッセージを贈り、閉会となりました。

 

参加者の感想

 この役職を与えられたことに感謝して、周りの多くの兄弟姉妹を幸せにしたいと思い、私の愛ではなく“天の父母様(神様)の愛”で愛し、親孝行したいと思いました。この研修会に参加して一番嬉しかったのは、こんなにも多くの同志が全国にいることです。“兄弟姉妹”って本当に素晴らしいものだと感じました。(高2女子)

  特に学びになったのはリーダーシップ講座で、「リーダーは決して偉い訳ではない」ということです。「誰よりも“僕”の気持ちで、小さなことから為に生きる行動をすることで、背中で示せ」という内容がとても良かったです。自分の個性で学生会をしても良いということも胸に秘めて頑張りたいです。(高2男子)

Category: 地域ニュース