Articles

中和新聞 速報版 │ 世界平和統一家庭連合ニュース » ヘッドライン, 教会ニュース » 名古屋で韓鶴子女史をお迎えしての訓読会

名古屋で韓鶴子女史をお迎えしての訓読会

[`livedoor` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア

名古屋訓読会1 天暦2月18日(陽暦3月10日)、午前5時から、名古屋市内のホテルに約500人の教会員らが集う中、韓鶴子女史をお迎えして「天地人真の父母様勝利解放完成時代宣布大会祝勝訓読会」が開催されました。

 韓女史は、文善進様ご夫妻、崔妍娥様、朴知鋭様、大母様を伴い入場。韓女史と善進様によるケーキカットの後、代表祈祷、訓読の時間となりました。

名古屋訓読会2 訓読に続き、佐野清志・第9地区長が前日の関西大会について報告し、「参加した皆が、真の父母様の香りをたくさんかいで、真の父母様の愛をおなかいっぱい味わって、希望に胸を膨らませて出発することができました」と感謝の言葉を述べ、韓女史に「感謝牌」を贈りました。

 その後、韓女史はメッセージを語られ、5万ウォン札に描かれている女性・「申師任堂」(シムサイムダン)とその息子・李栗谷の話、「父親(申師任堂の夫)が女性の誘惑に打ち勝つことによって、李栗谷という立派な息子が生まれるようになった」逸話などを紹介。

ツ黴€

名古屋訓読会3 「天が貴いモデルとして立てる家庭は、真なる家庭でなければなりません。男性も女性も純潔でなければならないということです。そのような意味で、李栗谷の父母は、天の試験をパスしたのです。それで、時代をリードする有名な息子が生まれたのです」と述べられました。

 韓女史のメッセージの後、韓女史から指名された宋榮ソプ・全国祝福家庭総連合会総会長と大母様の二人が歌を歌い、続いて、「有名なお嫁時代!」と韓女史から呼ばれた崔妍娥様と朴知鋭様が2曲を披露しました。

名古屋訓読会4 その後、韓国婦人たちで構成された「サンサリオモニ合唱団」、二世の小学生たちの合唱、頭に白いハチマキを巻いて立ち上がった第7、8地区の教会責任者と婦人らによる力強い「み旨の応援歌」、8地区の青年団の歌と続きました。

 最後に韓女史が、「お父様がお好きな歌を歌います。この曲は農夫が希望ある朝を迎え、新天新地を作るために仕事をしてから幸せに帰るという内容です」と述べ、歌を披露されました。

名古屋訓読会5名古屋訓読会6


Warning: Illegal string offset 'social' in /home/trueparents/ucnews.info/public_html/wp-content/themes/cover-wp/single.php on line 16

Warning: Illegal string offset 'author' in /home/trueparents/ucnews.info/public_html/wp-content/themes/cover-wp/single.php on line 17

Category: ヘッドライン, 教会ニュース